偏頭痛と食品



偏頭痛と食品その4

 

 

では、理想的な摂取量ですが、日にどれくらいマグネシウムを摂取したら良いのでしょうか?これは、1日あたり300mgが良いとされていますが、なかなか取れていない人が多いようです。

 

では、マグネシウムを沢山取るためには何を食べたら良いのでしょうか。それは、頭痛を予防する食べ物ということになりますよね。

 

まず、マグネシウムをたくさん含む食べ物には、玄米、セロリ、アーモンド、ワカメが上げられます。そして、豆類もマグネシウムを含んでいることで知られています。大豆、黒豆、アーモンド、落花生が良いでしょう。納豆、味噌汁など、日本人の食生活になじみの深い大豆製品を食卓に取り入れて毎日、摂取できると良いですね。

 

ですが、せっかく摂取したマグネシウムも体内にずっと貯めておくことは出来ません。マグネシウムは、ストレスで消費されてしまいます。ですから、あまりストレスを感じない生活をしたいものですが、現在の社会では、ストレスを感じないことが無理でしょうね。

 

上手に、気分をリフレッシュできるよう、心がけるくらいでしょうか。上手に気分転換できるようになると良いですね。

 

また、アルコールを摂取すると、マグネシウムが消費されやすくなります。一度に飲むお酒の量もほどほどにしましょう。

 

先ほど上げたマグネシウムの多い食品を、毎日、意識して食べるようにしましょう。毎日のおやつにアーモンドはいかがでしょうか。手軽に続けられると思いますよ。 頭痛予防には納豆、豆腐、味噌などの大豆製品も積極的に食べましょう。